"

これから起業をお考えの方へ

会社設立ページバナー.jpg

ImgTop17.jpg

 

これから起業をお考えの方へ

起業残存率バナー.png

これは何の割合を示していると思いますか?

実は、起業後に倒産してしまう会社の割合です。 
3年後にはおよそ10社に1社が、5年後には5社に1社が、10年後には3社に1社が、残念ながら事業をやめることになってしまいます。   

これから起業をお考えの皆さまには、是非成功して長く事業を続けていただきたい、と思っております。 
3年後、5年後、10年後も勝ち残る会社になるために、何が必要なのでしょうか…? 

 

生き残る会社になるために

tousan_genin-1024x441.png

最も多い倒産理由は、販売不振、過小資本等による「資金ショート」です。 

計画通りに売り上げが立つ、とは限りません。   
私たちも「あと1ヶ月待って売掛金が入ってくれば、資金が足りるのに…」といった社長の悲痛な嘆きを伺うことがあります。 こうしたリスクはどうすれば回避できるのでしょうか?       

その答えは「起業時に、潤沢な資金を手元に用意する」ということです。

起業する方がご用意されてる資金額は、社長ご本人が「充分な額だ」と思われていても、 多くの場合、我々専門家から見ると資金ショートのリスクが高い額です。   
多くの方にとってはじめての起業、見込みどおりに売り上げが立たないことも予想されます。 ですので、手持ち資金はできるだけ多く用意することが肝心なのです。

 

どうやって手持ち資金を充分に用意するか

 「起業準備金として貯めた額が少なく、倒産のリスクが高い」と言われても、多くの方は1,000万円も2,000万円もすぐ用意できる、という訳ではないと思います。

そこで活用したいのが『創業融資』です。

創業融資は特別な融資です。   
通常、融資の審査時には会社の実績を見られますが、創業融資は実績ではなく事業計画で審査を通過することができます。 
二度とないこのチャンスに、融資を受けて、潤沢な資金を用意しましょう。 

 

融資可能性の簡易診断

まずはあなたが融資を受けることができるかこちらで簡易的な診断をしてみましょう! 

1. 過去3年以内に自己破産や任意整理などの債務整理の経験がない

新規設立法人の融資申し込みの際は、過去の債務情報も見られます。
少なくても過去3年以内に債務整理の経験があると、ブラックリストに入ってしまい、融資が受けにくい状態になってしまっていることが考えられます。
自己破産の場合だと更に長く、7年程度の期間を置く必要があります。
その場合、融資が受けられるようになるまで時間がかかりますので、それまで融資を待ちましょう。

2. 自己資金は100万円以上用意できる

融資申し込みの際は、全く現金のない状態で融資を受けることは難しいです。
できれば100万円以上の自己資金を用意しておかないと、まとまった融資は受けにくくなります。

また、金融機関の面談の際は、どうやってそのお金を作ったのかも確認されます。
消費者金融からの借入や一時的に借りたお金では融資は下りにくいので、自分で現金を調達するようにしましょう!

3. 自己資金と親族等からの借入で150万円以上は用意できる

会社設立時は、一企業あたり平均して300万円程度の融資を受けています。
創業融資の基本は、「自己資金の倍」ですので、最低でも150万円以上の資金を用意しておくことが必要になります。
150万円のうち、自己資金でまかなえない部分は、親族等からあらかじめ借入できるようにしておくと、融資がおりやすくなります。
上記チェックが三つとも当てはまる方は、融資額にもよりますが、融資を受けられる可能性は十分にあります!

 

利息と倒産、どちらを選択しますか?

risoku_son-1024x440.png

「 融資は利息が発生するから絶対に損」そうお考えの方もいらっしゃるかもしれません。  

ですが、私たちがおすすめしたい考え方は 「融資はリスクを下げるための保険、利息はその安心料」という考え方です。   
もちろん生涯絶対にお金は借りないと心に決めていらっしゃる方は、それでもいいと思います。   
ただ、そのような理念をお持ちでない限り、 安心料を払って、倒産のリスクを低下させるのが、成功する経営の第一歩だと思います。 

 

失敗できない創業融資、できるだけ金利を安くしたい創業融資は専門家と一緒に

yuushi_jibun-1024x443.png

融資に一度失敗すると、次に借りることが難しくなります。

また、一度失敗した内容がわかっているため、その不安を払拭できる要素が無い限り、融資を通過することは難しくなります。  
ですから、初めての創業融資申請も自分自身の我流で行うのではなく、専門家にご依頼いただくことをおすすめします。 
ネット上にあるノウハウではなく、実際に培った経験がありますので、その経験を生かしてサポートさせていただきます。

また、認定支援機関だけがサポートできる、金利が1%台の特別な融資もあります。
創業融資をお考えになる場合は、認定支援機関の当事務所に一度ご相談ください。

 

設立後のサポートまで比較して会社設立の依頼をご検討下さい

当事務所の強みバナー.png

会社設立はどこに依頼しても同じだと思われている方が多く、後から「他のところに頼めばよかった…」というご相談をいただくことがございます。 

当事務所は、単なる設立手続き、税務だけではなく、経営をトータルサポートいたします!

社労士や司法書士等の専門家と提携し、会社経営に関する経営をトータルサポートできる事務所を選択することがおすすめです。

ImgTop17.jpg

 

サポート費用

会社設立費用

自分でやるより安いバナー.png

ご自分で設立された場合、最低でも242,000円の費用が必要になりますが、
当事務所にご依頼いただいた場合、
電子定款認証を利用することで202,000円で設立することが可能です!
また、1つの会社を作るために多大な準備と手続きが必要ですが、
ご依頼頂くと会社設立に必要な費用・手間・時間をカットすることが可能です!
 ※創業融資の申請サポートは金融機関等へのご紹介等も必要となってくるため、 顧問契約を前提としてサポートさせていただいております。

 

融資を申請する上で事前に確認いただきたい注意事項

ここまでお読みいただき融資の申請をお考えの方に、事前に確認していただきたい注意点がございます。
これらの事項に注意することで、融資申請を有利に進めることができますので、必ずご確認下さい。 

1.業種の注意

定款上の業種を、「金融業」や「投資業」等融資の申請が通りにくい業種としていませんか?

2.役員の経歴

役員の経歴によって、融資の申請が通らないこともあります。
問題のある経歴をお持ちの方を役員に加えていませんか?

3.住所の記載

本店と代表者の住所が離れすぎていませんか?
県をまたいでいる場合は、事情を疑われる場合もあります。

4.決算期の設定

適正な時期を決算期に設定していますか?

5.資本金の額

資本金の額は適正な金額になっていますか?

以上の事項について、確認をしていただいてから融資の申請は進めていただければと思います。

無料相談受付中