"

融資事例

「日本政策金融公庫の創業融資事例」 …自己資金要件緩和後の現場の実態をレポートします。

今年から日本政策金融公庫の創業融資の自己資金要件が緩和されました。 従来は総事業費の3分の1以上の自己資金を有していることが条件でしたが、現在は10分の1に大きく緩和されています。しかし、実際の運用面では、100万円の自己資金で900万円の創業融資を受けられる確率は低く、従来どおり3分の1の自己資金が目安となっているようです。この様な状況下において新基準で融資を受けられたケースをご紹介します。
続きを読む >>

「財務無策が招いた資金繰り悪化事例」

財務無策が招いた資金繰り悪化事例 …財務に関する適切な対処は出来ていますか。 資金調達のご相談の中には、「もう少し早くご相談して頂ければ…」というものが多くあります。適切な対処をしていれば、そもそも問題すら起きなかったであろう事案です。本日は、財務無策が招いた資金繰り悪化の事例をご紹介します。 ■ 財務無策とは 財務活動には、「キャッシュフロー管理(資金繰り管理)」「ファイナンス
続きを読む >>

「資金調達がうまくいかない事例」…銀行との折衝現場で起きている間違った対応とは

資金調達がうまくいかない事例…銀行との折衝現場で起きている間違った対応とは 銀行融資プランナー協会では、企業の成長を目的とした「資金シミュレーションと資金調達サポート」を積極的に行っておりますが、「銀行から融資を断られた」といった後ろ向きのご相談を受ける機会も少なくありません。 ご相談に来られた企業様を見てみると、本来は資金調達が可能な財務内容であるにも関わらず、融資を断られている
続きを読む >>

《 創業者様相談対応事例集 》

■〔Q&A〕その1…個人創業か法人での創業か?資本金は? ■〔Q&A〕その2…共同経営の可否は? ■〔Q&A〕その3…どんな事業での創業が良いか? ■〔Q&A〕その4…人脈・営業先開発について? ■〔Q&A〕その5…創業融資をすぐ受けるべきか? ■〔Q&A〕その6…大きなチャンス?大きな賭け?力相応か? ■〔Q&A〕その7…安売り経営は極めて難解です? ■〔Q&A〕その8…創業時の事
続きを読む >>

「海外展開資金の調達事例」…赤字の飲食企業が4,000万円を調達できた理由とは

海外展開資金の調達事例・・・赤字の飲食企業が4,000万円を調達出来た理由とは ある飲食店経営者の方が資金調達の相談に来られました。 内容はシンガポールへの出店資金4,000万円の調達です。 状況をお聞きしたところ、「シンガポールのプロジェクトとは別にある駅ビルへの出店プロジェクトが進んでおり、お付き合いしている金融機関とはそちらの案件で融資の話を進めているため、本件の相談はできない」
続きを読む >>

「400万円の創業融資を受けた新設企業が、1期目の決算を終える前に1,400万円の追加融資を受けられた事例」

400万円の創業融資を受けた新設企業が、1期目の決算を終える前に1,400万円の追加融資を受けられた事例 事業と資金調達は切っても切れない関係があります。特に、仕入れは即金、販売は掛売りで事業を行っている場合、資金調達が出来なければ、たとえ顧客がいても売上を伸ばすことは出来ません。本日は、設立1年目ながら、積極的な資金調達で事業を拡大している関与先様の事例をご紹介いたします。 A社
続きを読む >>

「資金回りのお悩みを解決します!」…お悩み解決6事例をご紹介!お早めにご相談ください!

資金回りのお悩み解決6事例をご紹介します! 我々、銀行融資プランナー協会の『新・税理士』は、その突出した新サービス『資金繰り円滑化サービス』を開発しました。 クライアント(候補)の様々な財務・金融事案に対応できます。 今回は、その事例の一部概要を紹介します。 ○ 事例1.… 創業融資の応用編、創業融資要件不足の補完と協調融資で15百万円満額調達した事例。(飲食業A氏)
続きを読む >>

CSファンド保証で倒産防止が出来た事例

本日は、業績が悪化している企業様が、CSファンド保証を利用し、倒産回避資金を調達した事例を紹介します。 飲食店を複数店経営するA社は、長年堅調な業績を維持してきましたが、ある原因により足元の業績が急速に悪化しており、今期は赤字決算が免れない状況です。 社長様は、赤字店舗を閉鎖すべきか、リニューアルすべきかについて迷っておられました。いずれにしても半年ほど様子を見てから決定したいが、
続きを読む >>

創業してすぐに2店舗目の出店資金を調達した事例

本日は、飲食店を開業してすぐに2店舗目の出店資金を調達したC社の事例をご紹介します。 ◆ ご相談の内容 C社のM社長は、自分で貯めた資金450万円を資本金にして会社を設立、追加で親御様から650万円の援助を受け、かつ500万円のリースを使い、計1,600万円にて飲食店を開業しました。 出店してからわずか3ヶ月後、ある商業施設から有利な条件で出店の誘いを受けました。M社長は是が非でも出店
続きを読む >>

M&A資金の調達事例

本日は、飲食店舗の買収資金を調達した事例をご紹介します。 イタリアンレストランを3店舗運営しているD社の社長様より、「もっと早いスピードで出店をしていきたいが、なかなか店長が育たなくて…」とのお話がありました。私は、ご縁があればM&A等も検討してみてはどうかと提案しました。 M&Aと言っても、近年は小規模の売買事例も多くあり、中小企業でも活発に取引されるようになっております。資金運
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
無料相談受付中